仮想デスクトップをおすすめする理由と活用

パソコンを使って作業する事は一般的であり、会社で業務の為に使うだけでなく、プライベートで情報収集をしたり、オンラインサービスを使ったりする時に利用する事があります。しかし、現在使っているパソコンのOSでは提供されておらず、他のOSでのみ提供されているソフトウェアを使いたい場合には、別のOSを搭載したパソコンが必要になり、部屋の中に複数のパソコンを設置する必要が出てきます。複数台のパソコンを稼動させる事で電気代が増え、KVMなどの切り替え器を使わなければ、複数台のパソコンの分だけキーボードやマウス、ディスプレイが必要になってきます。
一台のパソコンで複数のOSを使う方法としては、仮想デスクトップソフトウェアを活用するのがおすすめであり、効率的な運用が行えます。

一台のパソコンで複数のOSを使う利点

仮想デスクトップ環境を構築する事で、一台のパソコンで複数のOSを使えるようになります。この環境がおすすめである理由は、全く別のOSを動作させたい場合や古いOSを使いたい時に、パソコンの台数を増やす必要が無く、ソフトウェア上で作った仮想マシンを稼動させる事で、ホストOSを稼動させたまま、必要に応じて仮想マシン上の仮想環境が使えるからです。この仕組みは、ソフトウェア的にパソコンをエミュレーションしており、ホストOSが稼動しているパソコンに搭載されているプロセッサのアーキテクチャーに準じた環境を提供していますので、OSを仮想マシンにインストールする事でOSが仮想マシン上でも動作するようになっています。一台のパソコンに複数のOS環境を構築する事で、何らかのトラブルが発生した場合であっても、仮想マシンを削除するだけで済みます。

仮想環境を使って様々なアプリケーションを使う

多種多様なOSを使う環境の構築を行うのにおすすめである仮想環境ですが、環境を構築したら、様々なアプリケーションを活用していく事が可能になります。ホストOSでは提供されていないアプリケーションを使えるようになる事で、特定の用途での作業効率が良くなる可能性が高まります。
仮想デスクトップ環境は、その環境を実現する為の専用のソフトウェアをインストールする必要があります。ソフトウェアによっては、対応している機能と対応していない機能があり、多くは3DCGなど3D機能に関する部分に違いがあります。他のアーキテクチャーのOSやアプリケーションを動作させるには、仮想PCソフトウェアが複数のアーキテクチャーに対応している事が必要ですので、利用したいと考える構築ソフトウェアがそのようなプロセッサアーキテクチャーに対応しているのかを確認しておくと良いでしょう。

仮想マシン単位でボトルネックも細かく見える化。 vGPUによる高負荷な3DグラッフィックVDIにはオールフラッシュシリーズが最適です。 開発作業の遅れを引き起こすパフォーマンス問題を解消! SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 ビジネスクリティカル環境のパフォーマンスを向上! 大規模なVDI環境に安定した性能を提供します。 おすすめの仮想デスクトップはこちら