開発環境には仮想デスクトップがおすすめ

物理的な制約がない開発環境を利用できるのが仮想デスクトップの利点です。仮想空間に複数のオペレーションシステムを構築することができるため、ハードウェアは1台で対応できます。例えば複数のバージョンのオペレーションシステムでソフトウェアの実行を確認しなければいけない時にハードウェアは1台で対応できるということです。それぞれのバージョンのオペレーションシステムをインストールしたにパソコンを構築した場合、それぞれにソフトウェアをコピーしたり、編集のためにアプリケーションをインストールしたりと本来の開発とは違うことに時間が取られます。仮想空間ならそれぞれの環境を切り替えるだけで利用することができます。これだけでもかなりの時間を節約することができます。

データの共有が簡単にできる

仮想デスクトップをおすすめする理由の一つにデータの共有があります。仮想空間なら同じ記憶装置内に複数の環境を構築することができます。だからデータも同じ記憶装置内に保管しておくことができます。複数のハードウェアを使う時にはデータのやり取りをする環境を構築する必要があります。その必要がないため、使いたい時に接続をする必要がなくすぐにアクセすることができます。外部記憶装置を利用してデータのやり取りをするといつのまにか複数のファイルが出来上がっていて有効なものがどれかわからなくなります。最悪の場合、上書きしていまい編集した内容が消えてしまうこともあります。同じファイルを利用することで最新版が常に編集対象と言う環境を実現できます。データ毀損のリスクを最小限に抑えることができます。

いろいろな環境を試すことができる

仮想デスクトップは、ハードウェアの制限を受けにくいこともおすすめする理由の一つです。オペレーティングシステムごとにハードウエアの仕様は異なります。同じオペレーションシステムでもバージョンによって変わることもあります。異なる環境条件をそれぞれ対応していては、時間がいくらあっても足りません。仮想空間であればそのような制約がありません。同じハードウェア上に異なるオペレーションシステムを構築して仮想的なやりとりが行われるので、仕様に依存する必要がありません。だから最新の高速なハードウェアで古いバージョンのオペレーションシステムを動かすことができます。使い慣れた最新の開発環境を維持しながら動作確認は別のデスクトップに切り替えて行うなどの効率的な開発を行うことができます。